ネクタイ一本の値打ち

 
写真の帽子類(左からレインハット、キャップ、日よけ帽子2種類)は、どれもネクタイ一本で作ることができる帽子です。

長年ネクタイリフォーム教室をやっていて気づく事は、ネクタイを2本3本と必要な作品の場合、ネクタイ地の厚さや伸び方などの性質の違いで、制作課程で問題が起こりやすい事です。ネクタイ一本から作れる事は、とても重要な条件になります。

レインハットは6枚はぎのチューリップハット型ですが、前3枚の下部を透明にしたので、一本のネクタイで足りました。
 
キャップは、サンバイザー(本の26ページに掲載)の応用ですが、ひさしの部分の表裏の両面をネクタイ地でとったサンバイザーと違って、裏側は黒色の他の布地を使ったので、一本のネクタイで済みました。

日よけ帽子2種類ですが、どちらもトップはネクタイ地ですが、「サイド」や「ツバ」はチュール(ネット状の布)で作りました。紺色の方は「ツバ」は四枚はぎのネクタイ地です。茶色の方は、チュールの「ツバ」の上にギャザー寄せしたネクタイ地をふんわり乗せています。

帽子は目立つ物なので、一本で作ることができるというのは嬉しいことです。

それにしても、ネクタイ一本がこんなにも分量があるの!! 
と驚きませんか?

  ここに バイヤス地のマジックが隠れているんですよ!

These hats and a cap can be made of the ties.
The photo on the left is a rain hat and a cap to be made of each one tie.
The photo on the right is two kinds of hats to be made of each one tie.
All these kinds of hats are made of one tie.
Aren’t you surprised how large one tie is?
One tie is very useful and valuable indeed.

I ‘ve ever made the sun visor useing only one tie.
This idea was appeared on my book ‘ Reusing ties’.

ロングベスト

 
梅雨には気温の変化も大きくまた肌寒いことも多いので、ベストが重宝します。
ネクタイリフォームの本の読者から、メールで『長いベストの作り方を教えてください』とお尋ねがありました。本にはベスト丈60cmから65cmの裏地付き作品を載せています。

そこで写真のような85cmほどのベストを作りました。
ネクタイは、どれも 大剣  中剣 小剣 の三つの部分を縫い合わせてできています(例外もあります)
まず、芯をはずして一枚の布にして、大剣中剣はそのままにして、小剣だけはずします。
4本のネクタイを大剣中剣の長さで、右身頃に2本 左身頃に2本に分けて縫い合わせて身頃を作ります。
私はここで色バランスのため中剣を左右身頃で入れ替えたので、胸元がV字にはっきり見えます。
また、ネクタイの特徴を生かして、裾は裏布がついたままのV字にしました。
この裾の剣先までが85cmです。後ろ身頃の布(黄色いレース地)で前身頃の縁をパイピングしてベスト全体の統一感を出しました。
裏地なしの一重のベストです。

ネクタイを大きな作品に作ると ♪ ネクタイが喜んでいる ♪と感じます。
小さく切って作る作品は誰でも考え付くので、大きくするアイデアを発信したいと思っています。

家の中泳ぐ 鯉のぼり

  

ゴールデンウィークに入り、木々は新緑のやわらかい葉っぱに覆われています。
今日は<昭和の日>
そして5月5日は子供の日
最近は庭やベランダに、鯉のぼりを出して飾る家がめっきり少なくなりました。
その物を集めたのでしょう、川や橋に鯉のぼりの集団を、テレビで観ます。

お父さんのネクタイ一本から≪鯉のぼり≫をつくってみませんか?
昔は「内飾り」と言って、家の鴨居に、小さな鯉のぼりを飾ったそうです。
 私は人形屋さんから、鎧かぶとの両側に「家紋の幟」を立てたそうですが、その漆塗りの台を不要なので捨てるというのを頂いてきました。
 少し昔のことです。
≪ネクタイ鯉のぼり≫はこの台に丁度良い大きさでした。
冊子「ネクタイリフォーム」に鯉のぼりはもちろん、台もサイズ入りで作り方を載せています。

この≪ネクタイ鯉のぼり≫が泳ぎます!!!
どうやって??

扇風機で、丁度良い高さから風を送ると、すーいすーい(ぱたぱた)と泳ぎますよ!
そろそろ扇風機を出す季節です。