帯の香合

帯の布の断片で香合を作りました。ここに至るまでの道のりは長かった!! 先に紹介したように、まず作り易い綿布で基本形の1.2倍、1,4倍 そして直径10㎝(つまり1.5倍)の香合を作りました。この作業は帯地で作るための予備作業で、ねじり蓋と下箱とのゆとりなどの兼ね合いをみるためでした。直径10㎝は片手で、ねじり蓋を開けられるサイズです。そしてここまで大きくした理由は、繊細な山川草木の帯柄を香合に観るためでした

作ってみると着付けの時の帯のように、どのようにも形がつくれます。その柔軟性が返って作りにくさでした。その上、帯地は布端がスルスルと糸がほどけていくので、やり直しの作業はご法度でした。初めて布香合を考えられた故大野一郎先生はどこから思いつかれた作品なのか?と四苦八苦の作業中に思いました。そして先生は本の中で様々な袋物や茶道具入れを「ネクタイの絹で作りなさい」とご教授されていました!!!

素晴らしい王朝絵巻の繊細さを香合にして、優雅な絵巻模様を楽しみたい。桜満開にして秋の紅葉までも! (2022.3.31)