ハワイからの風
2014年が良き年でありますように
ロングベスト
家の中泳ぐ 鯉のぼり
2012年が明けました!!「ケープ」で温かく!
クリスマステーブルセンター
マフラーとバッグ
半巾帯と足袋を作りました! !
スラッシュキルトのポシェット
陽射しの季節
かわいい!くまちゃん

第31回 全国手工芸コンクールin兵庫

KIMG0857_2.JPG KIMG0849_2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

10月10日から始まった展示会、最終日の13日に二人で出かけました! 力作をたくさん見ました。どの作品も根気仕事の大作です。たとえ小さくても人形の履物から胴の鎧まで手作りされています。  自分たちも頑張ったけど、そんな努力は当たり前の世界で、一つ一つの作品の前に立ってその努力を称賛したくなります。そして自分たちの傾けた努力もわかってもらえる場所、コンクール作品展!                                                         左側の黄緑色のパンツスーツと上着は、「暖簾の彼女」の作品。上着は左身頃から背中から右身頃までメッシュワークをはめこんだ模様で仕立てられています。                  右の二つ作品が私の作品です。ふわふわした「スヌーモ」の布と、表に9本のネクタイを円形になるよう繋いだ作品(ネクタイリフォーム2の本にケープとして作り方を掲載)。    新作の雨天用ポンチョは、はっ水生地の裏側に約12本のネクタイ(カーブの緩やかさを出すため大剣が12本で中小剣は9本)を繋いだものです。伸びないはっ水生地とネクタイとの相性は、時間をかけました。     2019、10、14

*写真はクリックすると拡大します

 

 

 

風が通り抜ける帽子

KIMG0778.JPG KIMG0810.JPG

私達はシーチング帽子と呼んでいます❗ 

「つば」は一枚布でとり、半分に折って輪にしたらゴムを通します。「トップ」と「つば」は5ヶ所を点の状態で縫い止めただけなので、どこからでも風が通り抜けてくれます。帽子は形を作ることが難しいと思っていますが、このシーチング帽子は意表をつかれます。

シーチング布(綿)の好きな色で、トップ2枚とつばを1枚型紙で採ります。ネクタイ一本をほどいて表布だけにして、半分に折ったつばの縁をぐるりパイピングします。トップには自分流にデザインしたネクタイ布を配置して、トップとつばを点状に5角形なので5ヶ所縫い止めます。

この連日の猛暑の最中、 帽子をかぶっていても頭が蒸れることなく、自転車にのってもゴムのため飛びません。かぶらない時はたたんでバッグにしまえる簡易さがとても便利で私も重宝しています。 災害級の猛暑を無事過ごしましょう。      2019、8,10

前の記事【名古屋総合作品展】のボディーが、かぶっている帽子はシーチング帽子です!

 

名古屋 総合作品展

KIMG0799.JPG

伏見の電気文化会館で、名古屋毎日文化センターの三年に一度開催される総合展示会です。7月17日から21日まで5日間、手工芸の20教室がそれぞれのブースで、日頃の作品を披露しました。

【おもしろネクタイリフオーム】では、東京教室作品一部を壁面に飾り、名古屋教室制作の,エプロンや防災頭巾の大人用、子供用をテーブルに並べて、災害の無いことを祈りました。また家庭に防災頭巾を備え付けてもらうことを伝えたものです。    2019、7、25

*防災頭巾の作り方は、このブログの以前の記事をたどると、「過去の投稿」をクリックしてタイトル『ネクタイ芯で作る厚い布』を読んで参考にしてください。