カゴ付きバッグ (クラフトバンドのカゴ)

ネクタイリフォームの教室を大府市で開いている先生から写メールが届きました。教室の生徒さんの中で自分でカゴを編んで皆さんにプレゼントした人が居て、そのカゴを使ってカゴ付きバッグを作りました!!とのことです。

カゴは30㎝×12㎝、高さが8㎝、クラフトバンドで作られていて、それぞれ色合いが違っていました。 何と!初めて知りましたが、手芸クラフトバンドの材料は、牛乳パックや古紙からできているリサイクル商品でした。ネクタイリフォームとマッチするはずです!!!物を大切にする心が同じですから。       ネクタイ2本を帯状に作ってカゴに縫い付ける作り方で、レースをあしらったり、ネクタイとカゴの色合いや、上に掛けたネット状のチュールの色にまでこだわって楽しさにあふれています。大きな手提げサイズは、オシャレして旅行に持って行きたいですね。        (2022 6,23 )


どこまでも大切に‼️

サンバイザーをネクタイ一本から作って5年以上使っていたら、ふちが擦りきれてきました。手作りで日よけのひさし部分を大きく作った自慢の品です。捨てることは簡単、でも待てよ!!   ネクタイ1本の紐状の布からサンバイザー用布を採る時の工夫! は独自の工夫がありました。裏側は布が足りないので、ネクタイの裏布(緑色)を足しています。表側はカーブの形の両端の部分は足して形作りしています。カチューシャ型ハガネをおでこの部分に最後に通します。

(2007年発行のネクタイリフォーム)本の中では最高のアイデア作品でした。この擦り切れたふちに黒いテープを縫い付けることでよみがえりました~ バンザーイ! 今世の中は地球にやさしいSDGs時代 知恵を働かせる小さな努力が、地球全体を気象変動などから救います。 (2022,6,8)        *2007年度版の「ネクタイリフォーム」本は全国の中央図書館にあります

通信講座の受講生

東京毎日文化センターに開設している、リユージングネクタイ通信講座に申し込みがありました❗🎵😍🎵 世界で初!ネクタイ再利用の通信講座として、特別な教科書を作成しました。教室で学ぶのとは違って、自分ひとりで作る作品の流れが、一目でわかるように写真を多く載せて懇切丁寧に説明しました。また材料の接着芯(単元3:エコの大きな袋)や、裏布と紐(単元5:基本の巾着)なども教科書と一緒に郵送。質問用紙の返信封筒まで付けています。スクーリングも受けられます。コロナと共生の時代は、自分ペースで学ぶ時代ですね。     (2022,5,27)