クレイジーキルトのバラの花

ネクタイリフォームでバッグのアクセントになるバラの花を作ります。それを様々なタイプの袋にはめ込んでバッグに仕立てました。ネクタイは端切れで5,6種類の柄を用意して、バラになるよう重ねて配置します。袋物にはめ込むのもよいですが、これをポケットに仕立てて、ベストやバッグに縫い付けても良いでしょう。

中途半端なネクタイ布がたまった時には、その再用法として、色柄を楽しみながらバラの花に作ってみませんか?              2021,3,12

 


新しい丑年が 開けますように

 

コロナ禍の中の年明けです。                            2021年は牛年なのでネクタイ地で「赤べこ」を作りたいと思いました。東北の福島県の民芸です。子供の玩具には昔の医学が乏しい時代に、子供の無事な成長を願う気持ちが強く込められています。 特にコロナ禍の中 大人も子供もすべての人々の健康をねがいます。

科学が進んだ世の中と思っていましたが、危ういものです。ペストやコレラなど伝染病を克服した人類かと思いましたが、新らたな敵は潜んでいた! 長生きも安易なことではない!!と思い知らされました。昔の人と同じように素直に心から健康を願ってやみません。                     2021,1,25

 

ネクタイ十数本で作った作品展

ネクタイリフォーム秀作展が、東京毎日文化センターで皆さまに大好評のうちに終りました❗会場で作品を見た方が『裏布に使えばいいのね!』と言われました。 円形になるようにケープに揃うようにパターン化することや、芯を外したネクタイの表地だけをつないだ布の扱いにくさは、作った人でないとわかりません。    案内状の文面です「 ネクタイは小物ですが こんなに大きな作品になりました!!!  みんなで今までにない大きな作品に挑戦して ネクタイの可能性が広がりました。秋の一日に、どうぞご高覧いただきまして、ご意見をお聞かせくださいますよう ご案内申し上げます。」  2020.11.8