夏の終わり リフォーム

細身の白い綿カーディガンは、あまり着るチャンスは少なかったのに好きでした、断捨離!😱いや待てよ!!

写真のようにピンキングはさみで ケープの形状に切りました。切った端は三つ折りにして手縫で7㎜から1㎝位の縫い目で、やさしくゆったりとまつり縫いします。糸をつなぐときは3㎝くらい糸を残して、新しい糸と カタ結びして、残りは縫い目に入れ込んで縫い続けます。手縫いの良さは、布地の伸縮に合わせて、ゆるみ過ぎず 張り過ぎずに自分の針目で縫うことです。小一時間くらいで縫い終えました。

台風一過 急に涼しくなりましたが、日中の暑さはまだまだ! そんな寒暖差のときに便利です。毛糸のカーディガンでも作ると、サッと羽織れて重宝でしょう。この度は使いませんでしたが、切った端をネクタイでパイピングしてもおしゃれケープになります。作るわくわく感と新アイテム完成の一石二鳥、そして  SDGsに協力の一石三鳥です。家庭でできるリフォームのはばを広げたいと思います。(20229,24

かお巾着

初心に帰れば楽しい😃💕ですねー🎵                                   あの頃 一本のひも状のネクタイが、巾着袋に変身した驚きと感動は、作り手もみんなでわくわくしました。久しぶり巾着を作りました。三角形を外側に折って紐通しにしたのをやめて、真っ直ぐのばしたままにしました!!そしたら二つの耳になりました!目を付けたくなり、口を付けて顔にしました。笑顔(*ー*)にしたりニンマリ顔にしたりと、自由です。トトロみたいでしょ‼、ネーミングは難しいので「かお巾着」にしました。  白い画用紙をと、出したら、あらっ、孫たちが描いたお絵描き帖が十何年振りに出てきました。受験生の二人❕ 頑張って~                                                                      (2022,8,22)

SDGsを考える展示会とカゴ付きバッグ

東京毎日文化センター(東西線 竹橋)では、展示会~大人も子供もSDGsを考える夏休み~ を開催中です。タペストリー「お猿ワールド」や、ネクタイリフォームの基本の巾着、大きな手提げ、お手玉バッグなどを展示しました。この欄で何度も紹介しているカゴ付きバッグや、カッターシャツから作るエプロン二種も展示中です。 下の2枚の写真は、生徒さんが花柄のネクタイをスラッシュキルトしたカゴ付きバッグで、両面のデザインや持ち手にもこだわった傑作です。

毎日文化センターでは8月6日(土)午前10時~12時 「ネクタイの再利用で作る巾着袋~大人も子供もSDGsを考える夏休み~」として一日講習会を開催します。ネクタイがなければこちらで用意があるので選んでもらいます。小学生のお子様は親子でご参加ください。                      詳細は毎日文化センターまで☎03‐3213‐4768            (2022,7,10)