カゴ付きバッグのスラッシュキルト版

底にカゴを使用して、カゴの周りに乗るサイズにスラッシュキルト技法で作った輪状の布を縫い付けました。『ネクタイリフォーム2』の本に、このカゴ付きバッグは載せていますが、輪状に作るネクタイ布の部分をアレンジして、スラッシュ技法を用いました。スラッシュキルトは布に厚みが出るのでバッグに最適です。

持ち手はリングを使いました。下の写真のように最初は黄色い布で本体に縫い付ける予定でした。ところが バッグを持ち上げるとグラグラして安定しません。そこで裏布に使った布でスカートのように裾広がりに作ったところ、持ち上げても安定しました。 また使用ネクタイ2本の小・中剣部分が余ったので、リボン状にして、中身がでないように左右で結ぶひも形に利用しました。

スラッシュキルトは手間がかかりますが統一感が出ます、このバッグの真ん中で表に使ったネクタイ柄は左右違っていることが分かりますか? 肌触りがベルベットのようになって、布が生まれ変わるんです。   (2022,4,16)※記事を下にもどって「以前の投稿」をクリック2回してもどると、前回のカゴ付きバッグが出てきます! これがネクタイ2本で作るネクタイリフォーム2本に掲載版の作品です 参考まで